こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幽霊の正体見たり!! ~「ゴーストハント1・旧校舎怪談」

学校の古い校舎がそのまま残ってると、大概、怪談の舞台になります。私が通ってた小学校も、古い講堂と渡り廊下がそうでした。渡り廊下は不審火で焼けちゃったんですが…
そんな時代をちょっぴり思い出しました。
ゴーストハント?旧校舎怪談 (幽BOOKS)ゴーストハント?旧校舎怪談 (幽BOOKS)
(2010/11/19)
小野不由美

商品詳細を見る

そもそもが1989年に発表された作品です。今回、リライト版が出たので、読んでみました。
・・・あら?全然、面白いですよ?
もう20年も前の作品なんですが、古いなー、と感じるようなところはありません。
壊れかけた古い旧校舎。取り壊すと祟りがあると噂されています。その噂の真実を探る為、渋谷サイキックリサーチ(若干怪しいこの名称がたまらん)が調査を依頼されます。そこに巻き込まれていく、女子高生・麻衣。さらに、巫女さん・破戒僧・有名霊媒少女・エクソシストの霊媒師集団、自称・霊感少女まで加わって・・・。
この渋谷サイキックリサーチ、なかなか科学的に心霊現象を検証しています。ゴーストハントというものは、怪しい現象があったときに、まず「幽霊ありき」で話をするのではなく、それは自然現象などの科学的に立証されうる事象として矛盾がないかを検証することから始めます。うむ、マジメで好感度高いぞ!!でも、それでも説明し得ない事象があったらどうするのかなー。今回はちょっとその辺が見えなくて残念。そーゆー場面もこれから先のシリーズではあるんでしょうか?
また、そういう科学的側面からアプローチするSPRに対して、従来通り、頭から心霊現象だー!!という霊媒師の巫女さん、ぼーさん、自称霊感少女。なんとなく中庸なエクソシスト兄ちゃん、この件に関しては心霊現象否定の霊媒少女がからんできます。巫女さんやぼーさんなんかは、胡散臭さたっぷりなんですが、とても人間的。胡散臭いけど、別に悪気はない感じ。巫女さんなんかは、「実はいいヒトだよな?」なんて可愛らしい一面もあったりします。
最初は科学的に徐々に否定されていく旧校舎の怪談ですが、霊感少女が絡んで大変なことに・・・!?

今後のシリーズでのSPR所長のナルさんと、バイトとして雇われる事になった麻衣の活躍が楽しみです。

今は「神主ライフ」を読んでます。面白い。じき、感想UPできそうです。
その後はゴーストハントの2巻を読んで、それから陰謀論の検証本を読もうかなー。ちょっと充実してます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マンガの感想は久しぶり ② | HOME | それは神の御業なり ~「虚空塔の覇者」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。