こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

陰謀って難しい… ~「検証 陰謀論はどこまで真実か」

「世界征服」って、昔ほど魅力的な響きではなくなっちゃいましたね…

検証 陰謀論はどこまで真実か パーセントで判定検証 陰謀論はどこまで真実か パーセントで判定
(2011/01/19)
ASIOS、奥菜 秀次 他

商品詳細を見る

この本は、巷にあふれる「陰謀論」をパーセントで判定してその真偽を解説するというコンセプトです。オーソドックスなものから、最近のものまで、結構な量の陰謀論を検証しています。
陰謀論は、大抵「世間を騒がせた事件」が起こると、雨後の筍のようにぼこぼこ出てくるようです。
曰く、「フリーメイソン」「ア〇リカとかの国ぐるみ」「C〇Aとかの国家組織」が黒幕で、なんか企んでるというものがほとんどで、だんだん新鮮味がなくなっちゃってますけどね。
この中で、「災害」なんかにまつわるものは、「陰謀」とかいってある意味はしゃいじゃいけないことなんですが、それでもやっぱり出てくるものですね。阪神淡路大震災とか、スマトラ地震なんかは犠牲者の数も並大抵ではないのですが、「地震兵器」とかいう陰謀論があります。HAARPとか、原爆とかで地震を起こした、というもの。あれだけの被害を出したもの、ただ自然災害と片付けるには腹立たしいものです。誰かのせいにしたくなるのはわかるような気がします。が、そこで思考停止してしまうのが陰謀論の悲しいところ。「あいつのせいだ!!」で終わるので、経験から学び取ることが殆ど何もない、という結論に終わってしまいます。それでは、亡くなった方々に失礼です。万が一、次が起こったら、せめて犠牲者を減らす努力をしなくちゃいけないでしょう。陰謀論は、そこから故意に目を逸らしているようにみえます。
また、他人(他国)の成功に対するやっかみとかも、陰謀論が流行る原因みたいです。中国の「神舟」の有人宇宙飛行とか、アポロとか。これも、「すごいものはスゴイ」ときちんと認めるところから始めないと、いつまでも現状に甘んじるという状況に陥るように思います。
・・・あ!?もしかして、人間がこういういろんな状況から学ぶ機会をなくそうという、宇宙規模の陰謀なんじゃないの!??←ないない。
最初に書きましたが、世界を色々な意味で征服する、という陰謀が、あまり魅力的ではなくなってしまったのはザンネンなことです。気付かれないように支配する、というのも、ウィキ〇ークスだのフェイ〇ブックだのが何でもかんでも匿名で暴き立てる世の中では上手くいきません。協力しているメンバーの誰かがリークすることは避けられないわけです。
あと、UFO関連も、夢がなくなりましたねー。フォトショとかで画像も作れちゃうので、最近のUFO画像は手が込みすぎててつまらないです。(これは最近の心霊画像も同じだけどね)あと、簡単にバレるようなウソ証言も多いし。

さて、本当に隠された陰謀なんて、あるんでしょうか?
「木を見て森を見ず」ってことにならないようにしなくちゃいけません。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<祝(?)20周年! ~「「超」怖い話Σ」 | HOME | コワレル、コワレテイル ~「黒丸ゴシック2・人間溶解」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。