こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

引きこまれればヤツがくる!! ~「弧の増殖」

うわあああ、もう、たまりません。
なにがって、朝松健氏の新刊です。久しぶりに読みでのある本でした。

弧の増殖 夜刀浦鬼譚弧の増殖 夜刀浦鬼譚
(2011/01/31)
朝松 健

商品詳細を見る


太古の因習の痕跡をとどめる巨石と最先端のメガ・サーバー施設を備えた電波塔。
古の遺物と現代の叡智という対照的な2つの建造物が丘の上で奇妙に共存する「千葉県夜刀浦市」には、さまざまな都市伝説が存在したーーー。
電磁波が引き起こす神経症、頭のない幽霊の出現、死んでいない猟奇殺人鬼etc
寺の鐘を思わせる音をたて、メガ・サーバーが運転を始めたとき、異次元の扉は開かれ、町に阿鼻叫喚の一夜が訪れた!!


もうすでに何らかの侵蝕が始まっているのに、日常生活はその上で何気なく行われている、というのは恐ろしいことです。でも、そんなことに気付かずにいられれば・・・「平凡な」日常が、ひっくり返されてしまうそのときまで、何も気付かずにいられれば、ある意味幸せでしょう。
しかし、そんな砂上の楼閣に住む人々にも、不安をなんとなく感じて表出する手段があるとすれば、それは「都市伝説」というカタチになってくるのかもしれません。
矢口は、友人・佐藤とケータイサイトの会社を営んでいます。そこで、新しいコンテンツとして、都市伝説のサイトを立ち上げることにしたとき、彼らは日常の下を這いずり、侵していく冒涜に、それとは知らずに接触してしまいます。
全ては15年前の異常殺人鬼、斎彌皇から始まります。いえ、尾崎巨石という古代の遺構がそこに設えられたときから、始まっていたのです。
舞台装置から小物にいたるまで、作者の計算…悪意にも似た計算が施されていて、次第に後頭部がざわざわするような不安感を駆り立てられます。電波塔のミニチュア版は、私達の町のそこここにもあるものでしょうし、ここまでのメガ・サーバーとまではいかなくてもサーバーだっていろいろな所に存在しています。まして、携帯電話やカーナビやら、電子機器は私たちが一つは肌身離さず持っているモノなのです。それが、忌まわしいものに変化し、我々にキバをむいてきたら…抵抗などできるのでしょうか?この、人々が為すすべなくパニックに陥って行く過程は、作者の悪意の結晶のようです。
そして、連綿と、着実に侵蝕してきた悪意が表面に結実した時、そこは、人々に害なす悪しき神を召喚する祭壇となるのです。
その存在を知った、矢口・咲子・真嶋の3人は、首の無い幽霊・トモくんとともに、斎彌皇の「祭壇」へ向かいますが…
では。
そもそもの話です。
メガ・サーバーを建築しようとしたのは誰なのか。斎彌皇が「最初の」操られしものであったのなら、それに続く存在はあったのか。そして、首のない幽霊は「本当に」トモくんであったのか。そして、再建したのは誰なのか。
ラストに至り、そんな嫌な気持ちが湧き上がってきました。
ああ、こういう感じが、「クトゥルー神話を読んだぞ!」という満足感に繋がるのでしょうね。
久しぶりに読みがいのあるホラーでした。
携帯の着信に、訳のわからない数字の羅列がないかを確認してしまうくらいには、ね。

この後、何を読もうかはまた思案中。貴志祐介の「ダークゲーム」が面白そうだったので、つい購入してきてしまいましたが、「郭公の盤」も捨てがたい。ちょっと軽めに「キケン」か「シアター!!2」でもいいし、「百鬼夜行の少年」でもいいかもなぁ。うぃー、迷うなー。やっぱ速読はじめるべきか?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<読めるのが楽しみ | HOME | お嬢様、守秘義務って知ってます? ~「謎解きはディナーのあとで」>>

この記事のコメント

おお、これは面白そう(=怖そう)ですね!
初めて名前を聞く作家さんです。
伝奇が混じったホラーやミステリ、大好き^^
こたつさんのブログはいつも新しい発見が一杯で、参考にさせていただいてます♪

私も速読が必要かも……読みたい本が山になってます
2011-02-17 Thu 07:01 | URL | ゆう #yBDt5Ksg[ 編集]
コメントありがとうございます。
この朝松健氏は、伝奇ホラーをよく書いておられるようですよ。「異形コレクション」にも頻繁に参加してらっしゃいます。

これからもよろしくお願いします。
2011-02-17 Thu 22:50 | URL | ひだまりこたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。