こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

視えるだけじゃないかもね ~「百鬼夜行の少年 巻の壱」

シリーズものになるようですね。

百鬼夜行の少年―鏡ヶ原遺聞〈壱ノ巻〉 (C・NOVELSファンタジア)百鬼夜行の少年―鏡ヶ原遺聞〈壱ノ巻〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2011/01)
天堂 里砂

商品詳細を見る


ふふ、すいません。ジャケ買いです。カバーの少年…主人公・秀一くんがかわいくってね…。
いや、もちろん、「百鬼夜行」という言葉にも惹かれたんですが。
人ならざるもの、妖怪とか幽霊とかが見えてしまう、主人公・秀一。幼い頃からそのことで、実の母親にも疎まれ、父からは「視るな、関わるな」とだけ言われ、いろいろな意味で一歩引いてしまって生活しています。そんな秀一の父が事故で急死。既に父と離婚していた母には引取りを拒否され、父の弟の所に引き取られることになります。しかし、その父の故郷は、妖怪がそこここにいるような所で…。
この巻では、「視る」ことで傷付いてきた秀一が、自分の心の傷を癒していきます。特に、父親との関係を通して、彼は満たされなかった幼い子供の頃の傷を見据え、さらに自分の力で乗り越えようとする姿を描いていきます。そして、きっかけは、「妖怪たち」であったのです。
ただ、まだ、秀一は「妖怪の中」でしか癒されていないんだよなー、と思います。父の弟・久美(ひさよし)や、その恋人(?)・陽子のような「人間」との付き合いや、今後の転校先での高校生活を通して、さらに成長して行く姿を見守れたらなあ、と思います。
また、妖怪に狙われる状態でもあることなども、今後さらに事件を起こしてくれそうで、ちょっと楽しみでもあります。あと、オリジナルな妖怪も出てくると嬉しいなぁ。
…ううう、注文の多い読者ですいません。

注文した「琉球怪談」が届くのが待ちきれなくて、「くるすの残光」を読み始めたら、その日に「琉球怪談」が届いたというマーフィーの法則(古いか)。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<伴天連忍法!! ~「くるすの残光」 | HOME | 読めるのが楽しみ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。