こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なかなか幸せな漫画を読んでない…

読書の趣味を見ればわかるとおり、どーしてもそういう本が多くなるのはしょうがないんですがね。
あんまり、幸せな終わりが望めないような漫画を読んでいるなぁ。

魍魎の揺りかご(2) (ヤングガンガンコミックス)魍魎の揺りかご(2) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/03/25)
三部 けい

商品詳細を見る

2巻目。転覆した豪華客船。閉じ込められた人々。殺人鬼がいる、という状況で、しかもそいつは「感染」するらしいとわかってしまっている、特殊な状況。今回も状況は「まったく」好転せず、さらに同じチームで行動するメンバーにも、「感染者がいる」という疑心暗鬼が蔓延していきます。感染者はそれを隠そうとし、感染していないものは誰が感染者なのか、それぞれが疑っている…。しかも、なんか、この客船に乗っていた高校生たち、なんかあんまりマトモな感じがしないんだけど…。
極限のサバイバルが続いています。

デッドマン・ワンダーランド (9) (角川コミックス・エース 138-16)デッドマン・ワンダーランド (9) (角川コミックス・エース 138-16)
(2011/03/26)
片岡 人生、近藤 一馬 他

商品詳細を見る

表紙のバックが白い巻は、結末(というか次巻への引き)がヒドくなるのがこの本です。
レチッド・エッグの正体を、ガンタが知る。知ってしまう。
次の巻は黒くなるので、ちょっとは希望が持てるような話になるんだろうか?

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お化け屋敷に潜んでいる ~「怪しき我が家」 | HOME | 愛にはいろいろありすぎて ~「愛についての感じ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。