こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

古書の背景は ~「ビブリア古書堂の事件手帖」

古い本には、なんだかいろいろ染み込んでいそうです。
私の友人に、「古い本には毒が染みていそうでイヤ」といっていたのがいましたが…

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


北鎌倉の静かな町を舞台に、古書にまつわる事件を解決していくのは、古書店「ビブリア古書堂」の若くて美しい店長、篠川栞子。彼女はとある理由で入院生活を余儀なくされています。そんな彼女に、祖母の遺品の古本をきっかけに、「本を読むことができない」俺、五浦大輔は店員として雇われます。
古書は、それそのものに価値があるものも確かにそうなんでしょう。でも、古書というものは、それを持っていた人の思いとかも、年月とともに染みこませているようです。私の友人がいうように、時にそれは「毒」を孕んでいたりするでしょうし、思わぬ秘密だったり、優しさだったりすることもあると思います。そして、人は古書への思い入れゆえに、道を誤ってしまうこともあるようです。
どっちかというと、古書以外ではダメ人間な栞子。古書にしみこんだ所有者の過去や思いにまで考えが走っていってしまうのに、周りの人間の気持ちには疎いです。
そしてあることをきっかけ(こーゆーの、PTSDっていうんだよねー)によって、本をすごく読みたいのに、本を読めなくなってしまった五浦は、栞子といいコンビなんですが、やっぱり男の人なわけで、栞子の反応がちょっとじれったい。
4話の連作です。難しいトリックとかは出てこないですが、ミステリーとしても面白いので、ラノベはちょっと、という人にもお勧めできますよ。

今は「謎解き 古代文明」を読み始めてます。うーん、面白い。今日、本屋に行ったらSFが結構出てたので、これを読み終わったらしばらくSF読みになるかもしれません。
・・・ま、予定は未定ですね。ふふふ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<不思議を楽しもう ~「謎解き 古代文明」 | HOME | さまよう女たち ~「新宿遊女奇譚」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。