こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

戦慄への招待 ~「i KILL ィキル」

ちょっと前に、講談社BOXで出てたんですが、新しく出たので、読んでみました。

iKILL (星海社FICTIONS)iKILL (星海社FICTIONS)
(2011/05/17)
渡辺 浩弐、ざいん 他

商品詳細を見る


人は様々な理由で、他人を「殺したい」と思ってしまうことがあるのでしょう。それを引き受けてくれる「殺し屋」小田切明。彼は512万円の成功報酬で殺人を請け負います。報酬を安いと思うか、高いと思うか。それは依頼人次第かもしれません。しかし、彼は淡々と依頼をこなしていきます。
ネットアイドルの女はその死すらもネット世界に晒し続け、女子高生はイジメに対する復讐のため死体を解体しながらある一線を越え、あるサラリーマンは死によって幸せな過去に沈んでいきました。さらに、タイトルにもある「iKILLネット」がうごめき始めて…
死体の描写がちょっと多めなんで、苦手な方にはオススメしかねます。が、あまりにも淡々とした描写とその空虚さがちょっとクセになりそうな感じです。

続きが夏に出るようなので、ちょっと楽しみにしていよう。

「虚構推理 鋼人七瀬」をゆっくり読んでますが、「もしノンフィクション作家がお化けに出会ったら」が気になっているので、そっちが先になっちゃうかもしれません。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<地獄獄卒のあれやこれ ~「鬼灯の冷徹」他 | HOME | 不思議を楽しもう ~「謎解き 古代文明」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。