こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

史実なんかクソ喰らえ!! ~映画「戦国BASARA」

BASARA映画1
TVアニメの映画化、というと、案外「イマイチ」なことがよくありますが、
今回の「戦国BASARA ~The Last Party」は、
期待以上!!
でした。ええ、そりゃもう、久しぶりに落書きUpしてしまうくらいに。描いたのは三成と筆頭。三成がヘンですが、そこらへんは気にしないようにしてくだされ。
今回、初日初回に観にいったんですが、志を同じうするお嬢さんたちですでに映画館はいっぱい。ネット予約とか言う頭がなかったので、座席は少々不満でしたが、なんだかわくわくしてまいりました。

と、いうことで、感想はネタバレ・妄想・腐発言含みますので、以下は追記です。ちなみに、私、筆頭とアニキが好きですが、なにか?



ちょちょいと予告編を観たらすぐ本編だろう、と思っていたら、正しい映画の鑑賞方法を「武田衆」がレクチャー。信玄公と幸村が、必要以上にアツくレクチャーしてくれます。幸村ってばダメっこ。…しかし、武田編があるということは、伊達編があるということなんだろうか。

さて、サービスも終わったし、いよいよ本編…ではなく、何故かテ○プリの予告編が入りましたが(…orz)、そのあと、親切にもTV版のダイジェストです。まぁ、確かに一般の歴女の方々にしてみれば、「歴史とちがーーう!!」と絶叫しそうなんで、至れり尽くせり、というわけですね。もう十分存じ上げておりますが、おさらいおさらい。

で、いよいよ本編です。

のっけから、石田三成が暴走しております。秀吉様大好きの三成は、大阪城の中心で秀吉様と叫ぶ(わけではないですが)わ、単身、奥州に乗り込んで伊達政宗を誅殺しようとするわ。叫ぶ叫ぶ。一騎当千というか、あたかも修羅の如し。
で、挙句、筆頭には上手いこと逃げられてしまいます。ああ、もう、肝心なところでぶきっちょさん!!
しかも、意気揚々とアジト(違います)に戻った筆頭、実は三成に初撃でやられてまして、片倉小十郎の胸に崩れ落ちます。小十郎、ぬかりなし!!もはやこの後はお姫様抱っこで間違いない!!(そんなシーンはない)なんか、1シリーズに1回はケガしてないか、筆頭。Uさん曰く、「そうでもしないと、しどけない袴姿とかが描けないじゃん」。…そーねー。筆頭、案外通常時の衣装のガードが固いからなー。
また、川中島では謙信公が信玄公に敗北、その首を差し出そうとしているところに、東照権現・徳川家康が忠勝ロボに乗って登場!!すでに忠勝、キン○雲みたい。「おおきゅうなったな」なんて信玄公、おじいちゃんみたいな感じです。いや、大きくなったじゃすまないくらいキャラ変わりましたが(笑)、細かいことは気にしない。信玄公も私たち腐女子も、ノープロブレムでしてよ!(ちょっと名古屋弁っぽくなくなっちゃったのは残念ですが)
絆の力で日ノ本を統一すると言う家康に賛同し、謙信を殺さず、さらに家康に協力すると言う信玄公。そして、幸村は信玄公とアツいどつきあいの末、武田の家督を継ぎ、徳川に協力します。
伊達政宗との再戦を望む三成。そのための小細工を、大谷刑部が買って出ます。実は、史実に登場する大谷刑部は関が原の役に出てきた武将の中で、私がもっとも愛してやまない武将です。BASARAではなんかストⅡの○ルシムみたいで驚いたんですが、さらに、天海(たぶんあK…ゲフンゲフン)と何かたくらんでいるご様子。(ゲームに忠実…しくしく)そこに小早川が巻き込まれてます。
家康は三成を説得しようと試みますが、失敗。三成、秀吉様好きすぎてダメです。人の話聞きゃしねぇ。本当は家康が来てくれて嬉しかったんでしょうに(くすくす)。(腐女子フィルター作動中)
三成の、そして徳川の兵が夜陰に乗じて民も兵も見境なく襲っている、との報告が各所からもたらされます。しかもなんだかイっちゃってるご様子のお市様も参戦中。
様々な思惑と、罠を孕んで、武将達は関が原へ集結していきます。筆頭と幸村なんか、鉢合わせする始末。一度はすれ違おうとしたものの(えーと、本来、絶対すれ違わない進行方向だと思うんだけど)、やっぱりやりあっちゃう筆頭と幸村。ここは前田慶治が収めます。大人。(隣でUさんが「けいじー」っつって喜んでました。Uさんは慶治FAN)さらに、家康の字を真似た偽の書状が出回っていることがわかります。
そこで、関が原では罠を逆手に取って、集まった武将に一説ぶち上げる家康どの。皆がその志に打たれたとき、三成登場!!そして天海の罠が…!!しかも、毛利まで一挙両得を狙って参戦。関が原が砂漠になってますが、ほんとは平地じゃないんだけどなぁ。鳥居付の本陣で突っ込んできますが、そこに、われらがアニキが満を持して参戦!!アニキ、いい顔してるぜ!!(こたつ大喜び)こんな中でも、三成は筆頭誅殺にがんばります。とにかく秀吉様と半兵衛様が好きすぎる三成。
天海と刑部の目的は、第六天魔王・織田信長の復活。そのためには、お市の力が必要なので、お市様も参戦(まだおかしい)。
乱戦の中、ついに信長が復活してしまいます。圧倒的な信長様。その力の差に三成が危機に晒されたとき、飛び出してきたのは・・・大谷刑部!!!!自分の望み、世界の破滅のためには信長の力が必要で、そのために三成も利用したのに。「刑部!!お前はもう闘わなくていい!!」三成の声を聞きながら、その胸に三成との確かな絆を感じながら、刑部は倒れます。三成、号泣。不覚にも私も泣けてしまいました。…ここら辺、なんか語りだすとアツくなりそうです。刑部、かわいそう過ぎる…。(BASARAの刑部の株、うなぎのぼりです)
さて、絶望的なバトルは続きます。織田信長は強い。よみがえったもんで余計強い。無敵もいいとこ。
天海は、信長と殺しあいたかった(こいつの愛情表現もいい加減歪んでんなー)、と信長のほうへ進み始めます。
役目をほぼ終えて放置されていたお市は、浅井長政のビジョンを観、正気を取り戻し…天海を葬り去ります。そして、さらに、信長を封じるのでした。…信長公、シスコン疑惑を私たちに残して…(絆って怖いね)。
かくして、関が原の合戦は終わりました。
なんかいろいろマルく収まったようです。

そして、エンディング!!足軽ダンサーズのみなさん、ありがとう!!ありがとおぅ!!

もう一回、観たいなー。

テーマ:戦国BASARA - ジャンル:アニメ・コミック

映画~邦画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ねこ救出劇 | HOME | 諸行無常 ~「手塚治虫のブッダ」>>

この記事のコメント

大谷さんって ゲームでも三成をかばって死ぬルートがあります・・・
大谷視点でかかれるので 三成が寄ってこようとしたとき 視界がブラックアウトしたはず
2011-06-06 Mon 18:55 | URL | 徳川秀忠 #bb84eu.A[ 編集]
コメントありがとうございます。
PS3を持ってないので、ゲームは未体験なんです。(しくしく)
でも、刑部のそんなシーンが見れるなら、やりたい…!!
刑部さんには、例え死ぬとしても、満ち足りてほしいです…
2011-06-06 Mon 23:03 | URL | ひだまりこたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。