こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

低年齢層向けかも… ~「ZOTTO」

ある意味、ぞっとしました。でも、いい意味じゃないです。

ZOTTO-恐怖の行方-ZOTTO-恐怖の行方-
(2011/07/15)
木原浩勝

商品詳細を見る


帯に「しょこたんが描くぞっとする挿し絵!」とあったんですが…
私、しょこたんは好きですが、芸能人にしては上手いまんが絵、くらいの認識です。確かイラスト集だしてたけど…正直、挿し絵はひと昔前の青い○文庫みたいな感じで…オメメきらきらだし、お父さんもお母さんも中年ぽくないし…小・中学生くらいならいいけど、こんなオバさんには「なんだかなぁ」でした。…つか、これはないよ。木原氏の話は読みたかったけど、やっぱり九十九怪談からこっちの表現方法には慣れない。収録されている話も少なめで、わりとさらっと読めてしまって、怖くて印象に残る話はありません。字もでかいし、行間もひろい。もしかして、ちびっこを怪談読者に取り込むつもりなんでしょうか…?それはいいけど、だったら子供のコーナーに置いといてもいいかもね。
毎回、帯に騙される私ですが、「最強の恐怖コラボがこの1冊に!」のあおりには、後でちょっと吹いちゃった。うん、あんまり期待はずれだったので。どうせなら、ちゃんとした恐怖まんが家さんに挿し絵描いて貰ったほうがよかったなー。伊藤潤二さんとか、高橋葉介さんとか…そしたら、もっと印象が変わったかもしれない。

「新築」…土地のことまで調べないといかんですかね。しかし、定番とはいえ祟ると怖いわ…
「祖父似」…ちょっとラストがあっけないけど…一体どんな因果でしょうか。

印象に残ったのは9話中2話…うーん…

まあ、気を取り直していきましょう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<新規参入! ~「恐怖箱 臨怪」 | HOME | お疲れ様でした。 ~2011年夏の聖地巡礼>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-08-21 Sun 01:06 | | #[ 編集]
コメント&訪問ありがとうございます!!
こちらこそ、いつもお世話になっております。先日はなんかいろいろ舞い上がっていて、ろくすっぽお手伝いできなかったような…申し訳ありません;
虎さんの本はまた機会があったら、というかまず確実に出しますので、受け取っていただけましたら幸いです。
またぜひ、いらしてくださいね!
2011-08-21 Sun 21:31 | URL | ひだまりこたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。