こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

できるだけ続けて… ~「百物語 第十夜」

通算10巻目ともなると、ひとつの分岐点にくることも確かです。

百物語 第10夜―実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 2-10)百物語 第10夜―実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 2-10)
(2011/07)
平谷 美樹、岡本 美月 他

商品詳細を見る


まえがきで触れているように、百話・一夜のスタンスを続けていけるかどうか、という分岐点にきているようです。ファンとしては、続けて欲しい。でも、質は落として欲しくない。だから、スパンが長くなってしまっても、ゆっくりとでも、続けていって欲しいです。それは、怪談蒐集者としての作者のスタンスが好きだからです。怖い話が、語られることによって昇華していくという形はとても好きなんです。

読み終わってから少々時間がたってしまったので、いつものように細かいメモはちょっと割愛。
ですが、「第十二章 東日本大震災に関わって」は先の震災に遭われた方々の不思議な体験が詰まっていますので、是非読んでいただきたいです。
今にして思えばおかしいと思ったこと、不思議なこと、それらは徐々にこれからも語られていくと思います。
このなかで、「自衛隊員」や「ゆれる雪洞」を読んでいて、不覚にも涙が出てきそうでした。
あまりにも急激に、あまりにも突然に、あまりにも大規模に、あまりにも無残に。
震災という未曾有の状態に、あの世のモノもこの世を心配し、助けようとしてくれています。
あの世もこの世も一丸となったなら、きっと乗り越えられると思います。

今月はドクター・ストップであんまり読めずにおります。首~肩はじんわり痛みが続くのと、ひどくなると頭が痛くなるので、まだ加減して読んでます。
T&Bの原稿も書きたいのになぁ。
・・・うまくいかないもんです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<語られ現し世に顕現する ~「「超」怖い話 T」 | HOME | 視える、視える! ~「ひとり百物語 闇より深い闇」>>

この記事のコメント

頭の、怖くない心霊写真?にゾクっときました。怖いじゃん。
ドクター・ストップ?!お大事に。
2011-08-29 Mon 07:14 | URL | HAMMER #PE0XnnT.[ 編集]
コメントありがとうございます。

> ドクター・ストップ?!お大事に。
ありがとうございます。結構長引きましたが、だいぶ具合は良くなってきました。
暑がりなのに、冷房が首にこたえてダメなのには辟易いたしましたが…
なんか首についてたりして。
2011-08-29 Mon 14:27 | URL | ひだまりこたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。