こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

闇に薫る馨しき ~「恐怖箱・金木犀」

「超ー1」コンテストももう6回目だそうです。いろんな「語り部」がここから発掘されてきただけに、楽しみな作品集ですが、今年はどうだったか。

恐怖箱 超-1怪コレクション 金木犀 (竹書房恐怖文庫)恐怖箱 超-1怪コレクション 金木犀 (竹書房恐怖文庫)
(2011/09/29)
加藤 一

商品詳細を見る


うーん、この表紙の柄をグッズにしてくれないものかな…けっこう好きなんですが。
それはさておき。
ここのところ、ひとりの作家さんの単著、という形の怪談本が多量に発刊されていたせいか、さすがに雑多な印象。これはコンテストだから仕方ないか、とも思ってしまうんですが…。
さて、未来の「語り部」が埋もれているんでしょうか。…あ、でもつくね乱蔵さんや神沼三平太さんはいわゆるメジャーデビューしているので別格、かなぁ。

「夜景を見に」…狐かたぬきに化かされたみたい。
「つきまとい」…偶然では済まされない。でも…○田天功みたいですな。
「訪問者」…心配していたのはだれ?
「暗影」…そこに、何がつながったのか。
「地下通路」…体験した人には悪いけど、漫画にしやすそうな感じだなぁ。
「見える聞こえる」…見えるモノが偽りなのか。
「暖かな場所」…お母さんも、未練を断ち切ったんだと思います。
「鏡」…我儘な欲望の呪いは、返った。
「ミンチ肉」…わぁ。触手。
「席のない子」…自分の居場所を探し続ける。
「僕らはそこを通らない」…子供だけがしっている。
「形見分け」…姿も、形も違うのに…

ちょっとまわりくどいかなー、とか、含みを持たせすぎて怖さがなくなってしまったものもあり。私自身は、継続されていく得体のしれない「呪縛」みたいな話がすきなので、「僕らはそこを通らない」「形見分け」なんかがすきですね。
さて、この中から、次なる担い手はでてくるんでしょうか?


しばらく実家に帰るので、もう少し本が読めるかな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ご飯を食べながら読むと… 「狂奇実話 穽」 | HOME | 毛色が違う ~「実録怪譚 厭霊ノ書」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。