こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ご飯を食べながら読むと… 「狂奇実話 穽」

油断してました。
ご飯食べながら読んでて、気持ち悪くなりました。
ううー、臭いがしてきそうな話、多いです。

狂奇実話 穽 (おとしあな) (恐怖文庫)狂奇実話 穽 (おとしあな) (恐怖文庫)
(2011/10/29)
黒木 あるじ

商品詳細を見る


実話怪談の世界でも、えげつないというか、一種独特の世界をかもし出している、黒木あるじ氏の、こちらは「生きている」人の狂気を扱った実話怪談集。
平山氏や黒史郎氏の実話でなれているから大丈夫かと思ったら…久しぶりに、キました。なんとういか、文章から、その場の臭いが…独特の雰囲気が、臭気となって漂ってくるような話が多いです。まあ、実際に嗅いだら臭そうな話も多かったは多かったんですが。

「おもいで」…断捨離って言葉とは無縁です。
「葬女」…病気にならないかなー
「犬刈村」…歯止めがなくなると…
「ビーチフラッグ」…誰にも話していないから、犯人はわからないでしょう。
「夜食」…げー。
「ひとだすけ」…暗い、需要と供給。
「マスカット」…うぎゃー。
「なう」…撮られた状況の奇妙さは…
「お願いタクシー」…それにしても、自殺実況テープには、「嵐のような」音が共通するな。
「夢の女」…報告できない状況下かもね。
「ママ友 2題」…後半のユリママ…笑えない母親も多いはず。
「大復讐」…気持ちはわからんでもない。
「ひかり」…得体がしれないが…いい話だと思いたい。
「人体の神秘」…おばちゃんの身体、どうなってんだぁぁ!?
「汚部屋王」…ぎゃぁぁぁ!!さすがにどーなんだ、それ!?
「天使」…暗い、お伽話。
「折鶴」…胸が痛くなる。

全編にえぐみが感じられます。これが、私たちジャンキーにとって旨味に変わっていくのかは…今後次第でしょうね。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<せっかくの第二弾ですが 「危険な世界史・運命の女篇」 | HOME | 闇に薫る馨しき ~「恐怖箱・金木犀」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。