こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

読書感想文上等! ~「ニッポンの書評」

書評、参考にしますか?

ニッポンの書評 (光文社新書)ニッポンの書評 (光文社新書)
(2011/04/15)
豊崎 由美

商品詳細を見る


雑誌、新聞などでこれみよがしに「本をよみましょうね!!」と言わんばかりのページ。
それが私の「書評」に対するイメージです。
最近の新聞書評なぞは、なんだかビジネス書やら実用書やらがやたら多いような気がして、なかなか読む気になりません。「これを読んでる私は、あれもこれも、総合的に読んでこの本を読んでますよ!(えっへん)」という感じがびしびし。もしくは、この本、好き?紹介する気あるの?みたいなものも。どうせ、「本を読みましょうね!」というんなら、もっといろんなジャンル扱ってくれてもいいのに、と少々不満でした。
そんな中で著者の「正直書評」を以前読んで、「おお、これは読んでもよさそうだぞ!」という本に幾つか出会ったのですが…
「上手すぎる(入れ込みすぎる・好き過ぎる・読ませすぎる)書評は、期待感を上げすぎる」
というマイナス点もたしかにあったのです。
そんな著者の「現在の」書評に対する思いなどが語られている本作。「本が好き!」での連載をまとめたものです。
「書評って、批評とどう違うの?」「ネタばれってどうなの?」みたいな、こういう本読みブログなんか続けている人間には興味深く、尚且つ耳の痛い話がてんこ盛り。いろいろ調べたりもしてるんですが、せっかくだから、豊崎さん、新聞書評欄とかの書評のジャンルの傾向ももっとしっかり調べてくれたらいいのに。
一番、耳が痛いのはAmazonのブックレビュー関連の話。確かに「参考になった」が多い順でベストレビュアーを決めるやり方はどうなのかな、とも思います。これは私はあまり参考にしたことがないのすが、投稿者(またはそのシンパみたいな人)が「参考になった」を複数回クリックすることは可能なんでしょうかね?もしそうなら、「参考にならない」ですよね。姿が見えない評価者の評価で決まるベストレビュアーは、まああてにならないかなー。確かに、ヒドいとしか言いようもないレビューも多いことですし。
著者はそんなネットでのブックレビュアーに対して苦言を呈しています。最もだとも思うのですが…。でもね、自分が面白かった本の事は語りたいの!「ばかやろ!」って思った本も語りたいの!そういうのはダメなんかなー。ま、そういうわけなんで、私のブログは読書感想文(垂れ流し系)で十分だな、と思っちゃったわけです。
ところで、私が、書評を読む上で、ちょっと用心しているのは、「面白いですよ!」とか、「読まなきゃ損ですよ!」みたいな書評。案外、そそられるのですが、ちょっと待て待て!?ほんとにか?それはほんとに、私にも面白い本なのか?でも、なんか面白そう…ハメられた!というパターンも結構あるのです。
でも、既にその本を読み終わっていたりすると、そういう書評を読んでも「ふふ、そうだよねー。すごく納得!」なんて一人にやにやしてみたり。読者なんて勝手なもんです。
書評は、読者を向いている方が面白い。でも、存在は軽んじられている。
もったいないです。
活字離れを嘆くなら、読みたくなる書評を。


今は「オカルト「超」入門」を読んでます。昔からの勉強のおさらいみたいで面白いです。
季節柄、そろそろ、怖い本も増えてきそうです。今年はどうかな?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オカルトは教養です ~「オカルト「超」入門」 | HOME | 神は殺せるか ~「新月が昇るまで3 夜明けの黒蛇」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。