こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

役者は揃った ~「RPF Red Dragon 第一夜」

腐女子のための薄い本のため、ちょっと更新停滞してました。本もあんまり読めず。買い込むだけ買い込んだので積読本が増殖。ちゃんと突き崩さないといけないなー。そろそろ、怪談シーズンだし、心してかからねば!

で、更新停滞前に読んだのはこの本。

RPF レッドドラゴン 1 第一夜 還り人の島 (星海社FICTIONS)RPF レッドドラゴン 1 第一夜 還り人の島 (星海社FICTIONS)
(2012/06/15)
三田 誠、虚淵 玄 他

商品詳細を見る


虚淵玄・紅玉いづきなど、ラノベで知られる作家さんが6名。
端的に言ってしまえば、テーブルトークRPGのリプレイ、みたいなものなんですが…ちょっぴり様相が違う。
5名のメインキャラクターはそれぞれ、今をときめくラノベ界の雄が担当。また、話の進行上、そのキャラが関係しない話は、キャラの担当者も知ることができないように配慮されています。おかげで、奈須きのこさんは、虚淵さんのやっているロー・チェンシーが怪しい怪しいと叫んでいるんですが、担当キャラのスァローはそこらへんは知らない。奈須さんは、フィクション・マスター(FM)と虚淵さんだけのセッションの存在は知っているけど、内容は知らない。そーゆーとこは徹底されています。また、それぞれがしっかりキャラの物語を構築していますが、担当者とFM以外は概要しか知り得ないので、その物語がどう生かされていくのかも見どころかも。
全体の物語を構築していくのも、すごくこだわっていて、BGMを作ったり、、ペーパーフィギュアを活用したり、キャラクターブックをつくってあったり。
なんて贅沢な遊びだろう。
6人は、「ニル・カムイ」をどう導いていくのか…ちょっと気になります。お気に入りはエイハ。ヴァルという魔物とつながっているつながれものの少女です。ケモ耳万歳。

今は岩井志麻子さんの「現代百物語」を読んでいます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~や・ら・わ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<暑いので描いてみた | HOME | オカルトは教養です ~「オカルト「超」入門」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。