こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夢で戦う ~「おやすみ ブラックバード」

夢の世界で戦う、というのはどんな感じでしょうね。

おやすみブラックバード (幻狼ファンタジアノベルス)おやすみブラックバード (幻狼ファンタジアノベルス)
(2012/08/31)
小竹 清彦

商品詳細を見る


朽ち果てた廃墟の中でさまよっていた三枝千春は、髪も肌も真っ白な少女を発見した直後、異形の存在に襲われる。女性たちに救われ、扉に押し込まれた千春が目覚めたのは、引っ越した古い雑居ビルの自分の部屋だったーーー。リアルすぎる奇妙な夢を疑問に思いながら、隣人に挨拶にいったそこで、夢に出てきた女性に遭遇した千春は…。「死」と「謎」と「戦闘」が渦巻く廃墟ワールド登場!!

カバーの解説文ですが…。やっぱり大げさだよなー。
途中くらいでなんとなく結末がわかってきてしまう…というか、それ以外の結末が見いだせないよね、ということになってしまってやや残念。
私としては、みんな目覚めてめでたしめでたし、で物足りなかったかな。
だって、怪物化した「挫折組」なんて、現実世界では何年も眠り続けている状態で。目覚めたら、失っている時間が迫ってくるわけで。それは、もう一度、夢の世界に帰りたくなるような話ではないの?
とか、勝手に思ってしまったり。
そんなに目新しい感じもなく、深くもなく、さらっと読み流すことができる、ラノベ、って奴ですね。

「RED DRAGON ②」を読み始めました。しばらく頭使わない本を読むつもり。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<伝説、破竹。 ~「RED DRAGONⅡ 竜の爪痕」 | HOME | 欧米文化の基本ですかね。 ~「名画と読むイエス・キリストの物語」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。