こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

軽く読めますが ~「怪談社 書記録」

いつもとスタイルの違う、怪談社の本。

怪談社 書記録 (竹書房ホラー文庫)怪談社 書記録 (竹書房ホラー文庫)
(2012/10/29)
伊計 翼

商品詳細を見る


今までの中で一番読みやすかった、怪談社のシリーズ最新刊です。私は、今までの怪談社の本では幕間の話があまり好きではなくて、テンポとしてはいらないんじゃないかと思っていたのですが、今回はそれがないから読みやすかったのかなぁ。幕間はなくなりましたが、各話の冒頭に前口上があります。でも、完全に関係ない話ではないし、話の心得みたいな感じで読めるので、あんまり苦になりませんでした。
怖さも十分。

「散歩をしていた」…隣に移っていったのがイヤかも。
「煙草のひと」…大阪のおばちゃんは凄い!
「伯父パワー」…理由をめんどくさがるおじさんがカッコイイ…かも?
「下着の山」…女性用下着って、高いんだよ!?そりゃあ、念も残ろうというもの。
「艶怪談」…タイトルがよくわからんが…一生怯えているといいよ。
「炎場」…火事場の馬鹿力…ってレベルじゃないよね…
「おのぼれ」…死んでまで、見栄っ張り。
「体験者の手紙」…いつかはその記憶も癒されるように…
「近道がある」…地図に残したくない道だったのかも。
「無邪気こそ」…善悪の区別もなく生まれてしまったもの。
「夢オチかよ」…夢と現実が交わっては…
「おもちかえり」…兄は何をやっていたんでしょうか。
「知っていた」…なんだかとても切ない話でした…
「課長は犬か」…影で何かやっていた…?
「めちゃ見える」…覗いてはいけないものを覗いていた…?
「みどりの世界」…どこに行ってたんでしょう?
「月の照らす海」…不器用な…
「さぶいぼ」…おばちゃんすげえ。NさんかOさんか、統一しといて欲しかった。
「着信あり」…関係ない人間を巻き込む、悪意。
「死神がいる」…ひとりじゃないから。

いろんな話が読めて面白かったです。好みは「無邪気こそ」「月の照らす海」「着信あり」「死神がいる」でしょうか。欲をいえば、タイトルと話がイマイチ合ってない話があるような気が…。

もう少し、怪談読みたい気になってきているのですが、冬コミの締切考えると…((((;゚Д゚))))

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ホラー漫画とはまた違った ~「異能怪談 赤異本」 | HOME | 決断の時 ~「新月が登るまで 4 針の上の光」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。