こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今年は豊作です。

本


最近ホラーだの怪談だのばかり読み散らかしているので、ちょっと手元にあったのを写真に収めてみました。・・・うわ、良く何にも起こらないな、私。もちろん、コレはほんの一部に過ぎません・・・でも、今年は何だかこの手のジャンルに光(?)があたっているようで、いつもより沢山発行されているような感じがします。おかげで本屋に行くたびにどっさり買い込んできてしまうのです。
こないだ、母がうちに来て一言、「本、増えたね・・・」。はい、ふえました、スミマセン。たまには売ったりしてるんだけど、それ以上に溜め込んでいるの。本当は壁にでっかい本棚が欲しくなっているのですよ、母よ。

で、前置きがながくなりましたが、今回読んだのは、この本。

夜は一緒に散歩しよ 夜は一緒に散歩しよ
黒 史郎 (2007/05/16)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


「幽」怪談文学賞 長編部門大賞受賞作、だそうです。

横田卓郎は娘の千秋と二人で暮らしていた。千秋は母の死後、奇妙な絵を描くようになる。人ではない、異形のものを。ある日を境に、千秋は”青い顔の女”を描くことに執着する。もう一つの執着ーーーそれは、夜の散歩だった。

とにかく、前半、千秋の異常な行動が不気味。子供って、大人には解らない世界を見ているんじゃないかと思うことがあるけれど、それを具体的に描き出してしまう千秋。言葉ではなく、なんだかわからない恐怖。じわっときます。そうして、青い顔の女にまつわる、周囲の人間が壊れて行く。
そういえば、母親の自殺死体をみてから青い顔の女を描くようになった作家がいたとおもうのですが。なんとなく、髣髴とさせます。
ただ、いかんせん、後半の展開があまりにもトントン拍子に進んでしまった印象があります。じわじわじわっときていた恐怖が一息に収束して行く。テンポがいい、ともいえるかもしれませんが、せっかくの前半のじわじわ感を生かしてもう少しじっくりじんわり、追い詰められる感じがほしかったですね。寸評に「後半やや書き急いだ感じがある」とありましたが、そういわれてみればそうかも。
笑っているのは、千秋・・・?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~や・ら・わ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<癒しを求めて参りました。 | HOME | 真剣です>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。