こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

後味の悪さ ~「『超』怖い話 怪牢」

相変わらずの後味の悪さですが、読者である私がこういう話にちょっと慣れてきてしまったかも。

「超」怖い話 怪牢 (竹書房ホラー文庫)「超」怖い話 怪牢 (竹書房ホラー文庫)
(2012/10/29)
久田樹生

商品詳細を見る


それでもやっぱり「怖い」作家、久田樹生氏の最新作です。
怪異が現実を侵食する感覚は、相変わらず久田氏の描くこのシリーズは秀逸です。ただ、どうしてもシリーズも回を重ねると、作風に慣れてきてしまうので、心底「怖い」という感覚がやや薄らいできてしまうようです。たくさんの取材を経ても、世に出したいと思う(もしくは世に出してもいいと思う)怪談は、傾向が似てきてしまうのでしょうか。我が身を贄とするような状態での執筆に、こういう贅沢を言ってしまうのが怪談ジャンキーの業の深いところ。

「お迎え」…兄の見ていたものは…
「厭なもの」…ホンモノにはかなわない。
「有名ミュージシャンの死」…そんな事になる前に、知ってるヒトが順番に召されるようならいいのですが。
「黒核子」…逆恨み?でも…
「想い」…中身だけ、掠め取られたような。でも、なんか聞いたことがある話。
「所為」…関わってはならなかった。
「可哀想」…かわいそうだったのは、こんな孫を持った自分だとおもっていたんでしょうね。
「菓子舗」…伝統よりも、自分のこと。
「かすてぃら」…箱の中身も、怪異の中身も、どこか狂っている。
「客室清掃員」…訪ねてきた親の語る内容は本当?
「帰れ」…友達って…。
「東海林クン」…愚か故に。
「ボノさん」…何に魅入られてしまったんだろう。
「派遣社員」…見られたくなかったのか、それとも。
「吐露」…でも、人を呪えば穴二つ、ともいうけどね。国ごとだと、どうなるんだろう?
「慈悲」…一番長い話。ゆっくりと、殺されていく。死んでゆく。もう、遅いの…か。

人間というのは、なんとも業深い生き物だなぁ、とちょっと嫌になる話が多いです。気になるのは「厭なもの」「所為」「可哀想」「吐露」「慈悲」。

「るるいえ・ばけーしょん」を読み始めました。この「クトゥルフの呼び声」のリプレイシリーズは好きなんですが、最近、こっちはあんましチェックしてなかったんで、何時の間にか2冊も出てました。頑張ってよまなくちゃね。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<SAN値直通!? ~「るるいえばけーしょん」「るるいえばーすでぃ」 | HOME | ホラー漫画とはまた違った ~「異能怪談 赤異本」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

相変わらずの後味の悪さですが、読者である私がこういう話にちょっと慣れてきてしまったかも。「超」怖い …
2012-11-17 Sat 17:57 まっとめBLOG速報
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。