こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狂乱 ~「新耳袋 殴り込み 発狂の島」

やっと発行されましたね。

錯乱現代百物語新耳袋殴り込み発狂の島錯乱現代百物語新耳袋殴り込み発狂の島
(2012/12/20)
ギンティ小林

商品詳細を見る


発行が伸びまくった上に、タイトルが変わっていたので、最初気がつかなかったです。
年末に、知人から教えてもらって、慌てて翌日丸善に行きました。

タイトルも変わるはず…そんなハードな映画「新耳袋 殴り込み <沖縄編>」の撮影などに纏わる99話。
とにかく、「気が狂った」としか言いようがない。
そもそも、冷静に考えれば、いくらウタキとはいえ気が狂ったユタになりそこなったヒトが四六時中いるわけはないんですが、もうとにかく気が狂ったヒトが襲いかかってくる妄想が止まらない。
ただ、そのせいか、なんだかギンティさんがコワレ気味。それ以上に田野辺キャップがコワレちゃってます。…どっちかってーと、病理的意味合いで。もちろん、ウタキだの、スリーエスカーブだの、中城高原ホテルだの、心霊的にヤバイ所に行きまくっている緊張感も、そういう状況に拍車をかけているとは思いますが。
でも、映像で見ると、中城高原ホテルなんかは、ウタキを壊しまくって建てようとしていただけあって、なんか異様です。廃墟写真なんかでもおなじみのホテルですが、異様な雰囲気はそこでも醸し出しています。私は室内にブチ抜きで据え置かれたウガンジュの岩が怖くてしょうがありませんでした。
ギンティさんは沖縄の海で、戦没者に必死に成仏を訴えかけておりましたが…。噂に聞くところによると、バンザイクリフの幽霊目撃譚は、天皇陛下が沖縄へ慰霊訪問されてから随分減ったということです。うん、やっぱりあの時代の霊には、天皇陛下のお言葉が一番効果があるのでしょうね。

まだ、北海道編が残っているそうなので、ぜひとも書籍化頑張っていただきたいです。

今、「謎解き超常現象 DX」を読んでます。
咳が止まらなくなることがあります。おばあちゃんか、私…。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<真相が解っても ~「謎解き超常現象DX」 | HOME | エヴァンゲリヲンと日本刀展に行ってきました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。