こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

次は誰が ~「FKB 饗宴4」

この実話怪談アンソロジーは毎回楽しみ。

怪談実話FKB 饗宴4 (竹書房恐怖文庫)怪談実話FKB 饗宴4 (竹書房恐怖文庫)
(2013/01/29)
平山夢明ほか

商品詳細を見る


アンソロジーには、「怪談実話系」の「あの女」の話のように、半ばシリーズとなってしまうものもあるのですが、この「饗宴」は毎回新しい作家さんが参加してくるので、読み口が変わってマンネリ化をあまり感じないのですね。もちろん、文筆業メインの方ばかりでなく、映画の監督さんなども参加するので、ちょっと読みにくいなぁ、と思うこともあるのですが、今回は比較的読みやすかったように思います。
で、やっぱりえぐい話が多い。

「僕の実家に纏わる話」…のっけの日本人形の話は、お母さんのあっけらかんとした様子が逆に怖いです。もう、日本人形も必死。単に燃やされたり埋められたりしちゃかなわない。そしてK家の因縁話は…まだ続いているそうです。がっぷ獅子丸さんの飄々とした語り口が、却って怖いかも。
「封筒を置いてくる」…まるで自分の命の送り状。
「かたつむり」…婆ちゃんとかたつむりの関連がわからないまま。
「病院通り」…あの世とこの世の接点があんまり密集しててもね。…たまりそう。
「お茶をまく」…お母さんはいいヒトなんですけど…
「コックリさんのしっぽ」…お尻は、けっこう大変です。
「合法的殺人」…呪殺は罪にならないそうですが。罪の意識も感じてないから、「応報」もないのでしょうか。
「代役」…解釈はそれぞれですからねぇ。
「金縛り」…生きてる人の方が強かったかも。
「墓石」…本人に悪気があったわけではないのですが…。お祖父さんにたしなめられましたね。
「仙台にて」…臭いだけが。
「虐目」…やったヤツは面白半分でも、やられた方は忘れない。壮絶な仕返し。
「木槿」…なんかほっこりした。
「ダーツな男」…えーと…こんどは、モゲるよ。
「ミヨコちゃん」…いっぱいいる写真は…怖いね。
「祠」…ばちがあたりました。

気になるのは「僕の実家に纏わる話」「封筒を置いてくる」「コックリさんのしっぽ」「虐目」「木槿」。がっぷ獅子丸さんの実家の話は時々「怖い噂」に出てくるので、要チェックです。

今は「帝都怪異考」を読んでます。

ところで今年は伊勢神宮の式年遷宮もあることだし、お伊勢参りを企画しています。何年か前に行ったきりなんで、楽しみ。いま、ガイドブックを見ながらにやにやしてます。…おかげ横丁で干物が食べたい…

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<改めて…怖い。 ~「「超」怖い話ベストセレクション3 懺骸」 | HOME | 歪み歪んで ~「顳顬草子 歪み」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。