こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さらりと読めました

神野悪五郎只今退散仕る 神野悪五郎只今退散仕る
高原 英理 (2007/07)
毎日新聞社

この商品の詳細を見る


今年のホラー(妖怪・幽霊系)は大豊作~~。でも、いっぱいありすぎて、図書館借りでは満足できない私には非常に辛いところ(お財布的に)。それでも買ってきては読む。その恐怖の無限ループ。
で、こちらはちょっと気になってしまって買ってきた一冊。

三千世界の大魔王、神野悪五郎が、現代に蘇る。最強最悪の怨霊を祓うために。
共に立ち向かうのは十三歳の少女、夕凪紫都子。
・・・だが、勝てるのか?


オビはこんな感じ。神野悪五郎ってどっかで聞いたことあるよ、って思っていたら、「稲生物怪録」に名前だけ出てくる大天狗さまでした。おお、そうだったか。
前半、この「稲生物怪録」のように、次々に妖怪がでてくる黒間屋敷の描写が面白い。まさしく、現代版「稲生物怪録」。いいなあ、妖怪蜜柑。妖怪が見れるもんなら食べてみたい。紫都子の祖母、蕗も豪胆で、その肝試しのシーンも好き。こんな妖怪がいっぱい出てきたらいいなあ。ここにでてくる妖怪は、なんかからっとしている感じですが、それゆえに、人心から生じた怨霊には勝てないのかも知れません。
怨霊の元(?)になったもののエピソードなどはちょっぴり時系列的にどうなのか、時代にあってる設定なのかが疑問でしたが。まあ、たまりにたまってた、人間の負の感情が熟成されたところに、その力を行使できる手順を踏めば怨霊となる、というのは解りますが。
後半、ややあっさりと流されてしまった感じです。
読後感は本当にあっさりしてます。四方八方丸く収まってしまいますが、この妖怪達にはこんな感じでもよいのかも。
神野悪五郎は・・・大物です。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どっちが怖いって? | HOME | 癒しを求めて参りました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。