こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

軍備に見えても災害救助 ~「いざ志願!おひとりさま自衛隊」

最近なにかと話題の組織。私が若かりし頃はタイトルのような替え歌で茶化しておりましたものでした。

いざ志願! おひとりさま自衛隊 (文春文庫)いざ志願! おひとりさま自衛隊 (文春文庫)
(2013/02/08)
岡田 真理

商品詳細を見る


ゆうきまさみの昔のマンガに
「我々〇衛隊はぁ!〇連と怪獣から日本を守るためにのみ存在する!!」
という名言(迷言?)があったのですが、最近はそうもいってられない自衛隊。
その組織に「予備自衛官(補)」というものが存在していることを、私は知りませんでした。
軍隊で言えば「予備役」という立場で、普段は普通の仕事をしていたりしますが、いざという時には「自衛隊員」として働く(強制ではないようです)立場の方々です。自衛隊は「軍隊」ではないので、「予備役」ではなく、「予備自衛官」となるそうです。…いろいろ気を使っているなぁ。
で、ひょんなことから「予備自衛官」の募集に応じて、試験を受け、あまつさえ受かってしまった筆者。その後さらに、50日間の訓練過程があるのですが、脱落することなくなんとかクリアしていきます。
そんな中での自衛官(訓練の先生だったり、たまたま出会った人だったり)の方との交流。訓練などは「大変なことなんだよなぁ」と思っていますが、それを「当たり前の事」とするかっこよさ。国民の血税で買っているからこそ、ビス一本でもなくしちゃったら探しまくるという姿勢。
私は個人的に自衛隊は必要だと思っています。「国防軍」とする、なんていう某政治家さんもいらっしゃるようですが、私は「自衛隊」というスタンスが好きです。災害があれば、フットワーク軽く来てくれて、自分たちがお風呂に入れなくたって、国民の為にがんばってくれている自衛官の方々がとても好きなんですけどね。作中にも「自衛隊に反対している党の玄関にも警備員はいる」という言葉が出てきますが、本当にごもっともだと思います。
で、「予備自衛官」ですが、3・11で初めて招集されたそうです。もちろん、いきなり「行け」ではなっく、「行けそうですか」との打診があったそうです。…でも、非常時。自分の仕事も家族もエラいことになっとるのに、行けるかどうか。…いろいろと難しいです。ただ、「予備」は「予備」のままでいてくれる世界が続くことが、より素晴らしい世界だろうとおもいます。
ちょっと自衛隊を見つめなおしてもよいのではないでしょうか。…感謝をこめて。

いま、「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1」を読み始めています。…一応、気になっていたんですが、「このSFが読みたい2013」の国内20位以内に引っかかっちゃってたもんで、「読んでみようかなぁ」と…。いま、あらゆるイミでモノスゴイ作品で驚いています。…コレ、ワザとやってるんだろうか…

スマホを買いました。まだアプリもろくすっぽ入れずにおそるおそる触っています。早くなめこと戯れたい。もしくはひよこを盛りたい。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハイクを読め! ~ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1」 | HOME | 何かが違う世界 ~「異界ドキュメント 白昼の魔」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。