こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハイクを読め! ~ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1」

うわああああ、間違ってる、間違ってるんだぁぁぁぁぁ!

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
(2012/09/29)
ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 他

商品詳細を見る


気になっていたんです。でも結構外しそうな気がしていて、読まずにいたのに…。「SFが読みたい 2013」のばかぁぁぁ!!
…なんでこの絶叫かというと、御察しの通り…外したんです。自分的に。

ケータイ小説が読めない私に、ツイッター小説が読みづらいのは自明の理だったのにね…(ふっ)。英語で書かれたそれをすぐに翻訳、というのがウリ。でも、翻訳ソフトを使って直訳したような感じ。ワザとなんだよね、きっとね。でも、「…めいた」の使い方がおかしい。多用しすぎて尚更おかしい。他にも気になる。もうちょっと文章読みやすいといいんですが。
また、1巻めなんですが、各章の時系列があっちいったりこっちいったりで、どうしていいんだか。これが次の巻も続くとなると、ちょっとツライ…。そして、話の構成がほぼ毎回同じです。単純明快ととるか、単調ととるか。物凄い諸刃の剣な感じ。
世界観は面白いんですが、やっぱりなんか変。コレを楽しめないとまず楽しめません。私的には、キル・ビ〇的ななんかちょっと違う日本観のまま、進化して一度ぶっ壊れて香港映画の世界とかが混ざって再構築されたような、「日本的な」、というか「アジア的な」世界。
ニンジャもおかしい。面白おかしい。ニンジャソウルが憑依するとニンジャになります。この設定はカッコいいんです。そんでもって、「ドーモ、〇〇=サン。ニンジャスレイヤーです。」って名乗るんですが、ニンジャだから名乗らなくてもいいよね…。礼儀らしい。最初は「カッコイイなー。バカっぽくていいなー」と思っていたんですが、なんかだんだんしつこい風味に。敵のソウカイヤニンジャとニンジャスレイヤーの間で、必ず「〇〇=サン」と敬語です。それがリズムというか緊張感というかをこそぎとります。ヒュージシュリケン(でかい手裏剣持ったニンジャ)というキャラが出てくるのに、武器の表記は「スリケン」なんだよなぁ…。そして、せっかくのアクションシーンも物凄いことになっていることがあります。「イヤーーーッ」「グワーーーッ!」で1ツイート分埋めつくされてたり。もう、読者の想像力だよりな感じです。うん、勢いでなんとなくわかるんだけどね…。
本当にこの文章が、わざとなのか素なのかわからない。

まだ物語の序盤なんですが、どうしようかなぁ…。

今月は「幽」の文庫が充実してて、うはうはです。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新しい ~「絹更月怪異録 ~摩楼館怪奇事件簿」  | HOME | 軍備に見えても災害救助 ~「いざ志願!おひとりさま自衛隊」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。