こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夏NARUTO

Uさんにそそのかされて(笑)、NARUTOを観に行ってまいりましたよ。疾風伝。
「ナルト、死す・・・!!」なんて衝撃的なアオリ。なんか触手みたいなのに貫かれているナルトさんの映像といい、ショッキングな感じが前面に。ちょっと、今までのナルトとテンションが違う感じがして良いかも。

で、映画観にいきました。夏休みなんで、がきんちょいっぱいいるだろうなあ、と思いきや、午前中一番最初の回は、どうやらお子様方のお勉強タイムらしく、心配したほど多くはありませんでした。・・・まあ、ポケモ○やら、○キレンジャーやら、選択肢も他にいっぱいあるもんね・・・
でも、お子さんがいないわけではありません。後ろの子供軍団のガキンチョが言います。
「えー、サスケでないんだー、つまんねー」
「だったら見んな」(小声)
Uさんってば、子供相手にマジんなっちゃって・・・。でも、激同。
こんながきんちょがいては、静かに楽しめないかしら、と思ってましたが、意外と上映中は静かでした。

さて、以下、感想(含ネタバレ)。ちなみに私はNARUTOでは特に推しているカップリングはありません。
えー、話の出来はいいほうだったと思います。子供を意識したドタバタした展開もないですし。

ナルトが死ぬんじゃないか、という暗示を含んだ冒頭の映像。非常にショッキングですが、あの状況で死体が残るのか、っちゅーツッコミはしてはいけないらしい。
話のテンポが良く、あんまし中だるみすることなく観ることができました。
ただ、巫女の死の予知だの、魍魎の封印だの、若干説明不足。というか、理解できない。シオンのあのハイパーモードはなんだったんか、とか。結局そんなんなくても封印できたような感じするし。
キャラはよかったですよ。
しかし、ネジ兄さんはどうも上忍にはなっても部下には恵まれなさそう。ナルトにリーくんでは、胃が痛くなるだろうねー。
バケモノ好きな私としては、敵の方がおもしろかった。時々、黄泉のデフォルメが過ぎて、マモー狂介に見えて吹きそうになってたんだけどね。
ま、ある意味、ナルトのプロモーションビデオと思えば腹も立ちません。・・・さすがに、60年代風キラキラ効果はどうなのか。でも、ニカッと笑うナルトさんは可愛い。シオンの問題発言に、全然気がついてないナルトさんもかわいい。とりあえず、可愛いしか出てこないなあ。いいのか、自分。Uさんを笑えません。

主題歌、DJ.OZUMAかい・・・ノリはいいけど、何しゃべってんのかわかんなかったよ・・・

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

映画~邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<聖地巡礼して参りました。 | HOME | どっちが怖いって?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。