こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イデオロギーの逆転は 〜「殺人鬼教室 BAD」

なんかちょっと気分が荒み気味なので、救いようがないような小説を読みたくなりまして。

殺人鬼教室 BAD (TO文庫)殺人鬼教室 BAD (TO文庫)
(2013/06/01)
倉阪鬼一郎

商品詳細を見る


ヒトを殺すこと、誰かれなく乱交することが「正しい」とされる価値観の世界。「死ぬことは最高の快楽である」と教えられる、そんな世界の「秘密」を知りたいと思ったとき、彼らは「冒険者」となる。
とにかく、殺戮、拷問、SEXの、B級上等な展開です。物語の半分くらいはこんな感じ。B級スプラッターってもともとこんな感じでした。でも、そこに後悔とか懺悔とかいう感情は全くありません。彼らは己のイデオロギーに則って「そうあるべく」行動しているのです。
彼らは「知りすぎること」を否定しているのに、彼らの周りには「秘密」が無造作に転がっています。
それを、「知りたい」と思ってしまったら。
やや、ラスト辺りが突っ走ってしまっている気はします。
でも、インモラルな感じを味わいたい方はご一読を。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<妄想炸裂!…でもね 〜「おんなの日本史修学旅行」 | HOME | DNAネタ多い 〜「2000年のゲームキッズ 上・下」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。