こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

境界を翔べ 〜「蒼穹騎士 〜ボーダー・フリークス」

週末更新中。まとめて更新。
なんとか読書をしておりますが、なんせ名古屋は超ーーーーーーっ暑い。温度が痛い。熱中症が怖いので、クーラーを使用していると今度はクーラー病になってしまう…。水分とっても、みんな汗になって出ていくのです。

さて、こちらは少しファンタジー風味入ってますが、SF…だよね。




音速を超えたジェット機は、パイロットもろとも「竜」になる世界。「竜」は音速の領域と引き換えに、人の倫理を失い、人を襲って喰らうようになる。
3年前、人を助ける為とはいえ親友・ダインが竜化するのを目の当たりにし、それを止められなかった蒼穹騎士・ユキト。(カバーのあらすじではダインになってて笑える)
そして、「竜」を研究する女性科学者・メリルはユキトの<デュラハンⅡ>に同乗することになる。

音速の壁は、ジェット戦闘機に乗るユキトには容易く超えられるものであり、越えてはならないものだ。超えてしまえば、戻れない。親友・ダインの「昇化」を目撃し、打ち落とせなかったのは、ただダインが親友だったからなのか。
メリルはダインがいなければ、「竜」という存在に然づくことができなかった。一度「竜」とのドッグファイトを経験してしまった彼女は、その究極の状態で性的興奮を得たという。「竜」に異常なまでの執着を抱く彼女は、ユキトとは違う方向から「竜」に近づこうとしている。
後半、ダインの昇化した「蒼い竜」との空中戦はいいですね。「怪獣」と戦う、ということはこういうことなんでしょう。昔の特撮ファンにとっては美味しいシチュエーションです。
私は、ダインが全てを捨てて「竜」になってしまうのは、やむを得ない状況であったとしても、全てを捨てるということは、妹への裏切りではないのかとちょっと憤る。
元ネタはツイッターで、小説の「換骨奪胎」について語ったものだそうです。「音速を超えると竜になってしまう世界」。凄い縛りです。なかなか面白かったです。
…メリルちゃん、女の子なんだからもうちょっと控えて…


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<垂れ流される恐怖 〜「黒異本」 | HOME | 山の表情は変わる 〜「山の霊異記 ヒュッテは夜嗤う」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。