こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狂気はそこに ~「百舌鳥魔先生のアトリエ」

更新がんばりますと言っておいて、この体たらくです。ずいぶんサボってます。ちょっと周囲でいろいろあって、自分の健康などについても考えさせられることになった次第です。

で、ちょこちょこと呼んでいた本について更新しておこうと思います。

「百舌鳥魔先生のアトリエ」は小林泰三先生の短編集です。7つ短編が入っていて、そのうち2編が書下ろし。ぜいたく。
相変わらず、エグ味の効いたホラー。お約束のクトゥルー神話モチーフも網羅されているので、まったくもって抜かりなしな感じです。狂気、というものは、どこにでも転がっていて、当事者には境目が次第にあやふやになっていくもののようです。

「ショグゴス」…クトゥルー神話でおなじみ、ショゴスの絡む話。大統領が、「古のもの」に隷属する姿に対して憤りつつ、自分たちに隷属させている「ロボット」に対してはそれが当然だと疑ってすらいない。その根拠こそが滑稽ですらある。
「首なし」…首のないまま生き続けたといわれる鶏マイクの話が、もし人間に起こったら。都合の悪いことは何もない。彼女が愛しているのはいったい誰なのか。
「兆」…読んでいくと、次第に感じる違和感。気が付けば…
「朱雀の池」…守ろうとした。守れると思った。ただ、京都を愛していただけだったのに。
「密やかな趣味」…ええと…いくら発散されているといっても、こんなのが身近にいたら、怖すぎる…
「試作品三号」…ちょっとバトル漫画っぽい。一番気楽に読めた短編。
「百舌鳥魔先生のアトリエ」…妻が始めた習い事。次第に、強くのめりこんでいく妻。そのおぞましい「習い事」の内にはらむのは果たして「藝術」なのか。

腐肉の匂い、というか、その手のスプラッタ描写が多いので、お食事時は避けてください。

百舌鳥魔先生のアトリエ (角川ホラー文庫)百舌鳥魔先生のアトリエ (角川ホラー文庫)
(2014/01/25)
小林 泰三

商品詳細を見る


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~ま行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おじいさん騎士は健啖家 ~「辺境の老騎士」 | HOME | あるとかないとかではなく>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。