こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そして、伝説は続く ~「RED DRAGON Ⅵ 果ての果て」

取り敢えず、完結しました。・・・ん?取り敢えずって…

RPF レッドドラゴン 6 第六夜(上) 夢幻回廊 (星海社FICTIONS サ 1-7)RPF レッドドラゴン 6 第六夜(上) 夢幻回廊 (星海社FICTIONS サ 1-7)
(2014/02/14)
三田 誠、虚淵 玄 他

商品詳細を見る


下巻が検索できなかったので、上巻の画像です。
いやぁ、どうなることかと本当に気をもみました。
ローさんがもう、自分の愛の赴くままに、「姫様」への愛ゆえに突っ走ってってくださいました。引っ掻き回したなー、という感じですが、なんともリア充な結末に、思わず、「こいつ、幸せやんけ…」とつくづく感心しております。
私のお気に入りはエィハちゃんだったんですが、最終局面でずっと忌ブキにとってよりよい選択をするために、見つめ続けた彼女の、残された命が、せめて幸せであることを祈りたいと思います。同時に、もっとも辛い道を選択した優しい忌ブキが、これからもみんなのためにより良い道を考え、選択していってくれることを願いたいです。
しかし、RED DRAGONの形態変化…いや、限局した進化か…は、「こんな方法があったのか!?」と目からウロコといいますか…次の変化が予想できるだけに、プレイヤー(キャラクター)にとっては脅威だったことでしょう。
FM三田誠さまはじめ皆様、お疲れ様でした。
…で、メディアミックスって…何やるんでしょうね。ちょっとワクワクしながら待とうと思います。せっかくだから、これから忌ブキが引き継ぎ、かき回していくであろう世界の物語を、もう少し読んでみたいと思います。…各プレイヤーさんが、自分のキャラのスピンオフ作品書いたりしても面白そうなんだけどなぁ。(特にローさんとスァローさん希望)

さて、「オカルト」に戻ろうと思います。
読んだ本~や・ら・わ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そして、悲劇は起こる ~「ナイト&シャドウ」 | HOME | 拝んで始末する ~「拝み屋郷内 怪談始末」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。