こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ついに語られた物語 ~「拝み屋郷内 花嫁の家」

久々のブログ更新です。
最近ちっともパソコンの前に座ってませんね。
ここ数日でめっきり寒くなってきてしまいました。皆様も風邪など召されませんように。

さて、ちょっと前に呼んだんですが、ようやっと感想あげます。

密林の商品検索ができない…orzまたか。

「拝み屋郷内 花嫁の家」です。東北の拝み屋さん、郷内心瞳さんが、今まで語る事ができなかった話が語られています。
全然別物、と思っていた話が、どんどんつながっていくことが、こんなに恐ろしい事とは思いませんでした。
同時に、恐ろしい出来事の中でも、優しい人たちはいて、その優しさがすごく切ないのです。不覚にも泣けてきます。
前作「怪談始末」にも通じるものがあるので、前作もぜひご一読を。

「母様の家、あるいは罪作りの家」
「高鳥千草」…ある意味で、物語の主人公。ここではDQNな娘さんでしかないように感じますが…
「魔声」…中二病にしか見えない真也と、その行動を全肯定しているような母親。「至純の光」とかいうのはもう中二病こじらせてるとしか思えず、不快感と失笑が一緒くたになってくるが、こいつが…
「華原雪路」…作者の兄弟子的な方の「こんなことだってあるんだよ」という話かと思いきや…
「怪談」…高取千草が語る怪談。ここに、全てを繋げるヒントがある。
そして、ここから物語は一気に加速して、絡み合っていく。
因果も、因縁も、恨みも、無念も、全てが混沌の中で混ざり合う。
「母様」と呼ばれるモノが、椚木家、千草、真也、華原さん、全てを飲み込んでいく。
ここら辺は、読んでください。本当に、ぞくぞくする展開となっております。
そして、あまりにも大切な命が失われてしまったことを、感じて下さい。
ただ、照代さんの恐怖はしかたがないかもしれない。ただ、なんだか不気味だと思っていた子供が夢枕で笑っていても、怖いとしか感じられないどろう。そう思うと、主観というものがヒトを動かすんだなあと感じます。
「己が母犯せる罪」…真也の後日談。…ダメだ、こいつ。

「花嫁の家、あるいは生き人形の家」
とある旧家。そこに嫁いだ花嫁は、嫁いで3年で死ぬという。すべて承知で嫁になったが、徐々に追い詰められていく霞。
依頼され、その家に向かうと…そこには秘された「花嫁」がいた。
怪異はつながっている。
必死で抗う、生身の人間を嘲笑い、食い尽くしていくような怪異は…まだ続いていくのか。
でも、いつか・・・救われるのだと信じたいと思います。

最後まで、ぞくぞくとさせてくれます。そして、胸が締め付けられるような想いが残ります。
読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | HOME | 火星でサバイバル! ~「火星の人」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。