こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さて、本日はもう一つ更新。やれるときにやっとかないとね。

「全国怪談オトリヨセ」黒木あるじ氏の本です。

今までなんでこういう形式の本がなかったんだろうなー、と思ってしまう、各都道府県別、よりぬき実話怪談です。充実の47話。ちょっとした解説が文末についているので、その怪異の状況なども理解しやすいかとおもいます。
まあ、確かに場所がわかるといろいろ不味いから、ということで、場所などは結構隠されてしまう事が多い実話怪談(それでもなんとなくわかってしまうことも多いですけど)、地元の話だと、なるほどと納得してしまう事も確かですね。

「かざぐるま」…座敷童がくっついてくと、きっといいことがありますよ。
「鰹節奇譚」…なんだかいい話。
「会津婚礼譚」…幕末の因縁はまだ続く。
「蕨山にて」…ツチノコだあぁぁ!(大喜び)
「記念写真」…先生、無邪気すぎる…
「夜歩く男」…出られない…
「猫の居る部屋」…にゃんこがいる。
「於岩稲荷」…請求しに来た、神使の狐さん。お岩さんだったとしたら、やっぱり評判通りの働き者だったんですよ。
「紅茶と彼岸花」…体験者に同情できない。
「樹海三題」…死んでからも、迷う。
「駿河の裏富士」…どうしても、見たかった。
「夢の中の男」…うーん、岐阜出身だけど、よくわからないなぁ。
「橋の女」…納屋橋って…
「琵琶湖の怪」…いわくがいっぱいある湖だからねぇ。
「海の歌声」…このあたりじゃ有名な心霊スポットですよ。
「シオキバ」…偶然としてしまうにはあまりにも…
「しゃよなら」…それでも、ただ捨てるだけではなかったのだから。
「山の背中」…まだ、山がヒトを見捨てていなかった時の話か。
「ドアノブ」…土地が忘れていない。
「わすれんで」…観光地の光と影。でも、こういうのも含めてのこの土地だろうに、なんで隠そうとするんだろう。
「通夜堂」・・・お遍路は、逃げ場所じゃないから。
「鈴の鳴る餅」…神様も、心待ちにする。
「存在確認」…ばちあたり。

充実したラインナップでした。
出来れば第2弾とか、期待したいですね。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | ついに語られた物語 ~「拝み屋郷内 花嫁の家」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。