こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぼくの気持ちを裏切ったな!!

行こうか、行くまいか、散々迷いましたよ。一人で行くのは抵抗があるし、どうしよう・・・で、今回もUさん巻き込んで・・・・
行ってまいりましたよ、「劇場版新世紀エヴァンゲリオン:序」!!
エヴァはねえ、最初、TVでオンエアされた時、物凄い期待してたんです。汎用人型決戦兵器とか、使途とかおいしい言葉がうじゃうじゃあるわ、シンジといい、アヤナミといい、アスカといい、なんか一筋縄ではいかないキャラとか、こりゃあタダモンじゃない、物凄いアニメだ、・・・と。で、ラスト3話で裏切られたわけですよ。いや、ある意味物凄いアニメではあったんでしょうが、私はあのラスト、全く許せなかったのです。そこまでに紡がれてきた話はなんだったんだ、と。だから、その後に製作された映画は全く見ませんでした。TVとは違うラスト、って事は、じゃあやっぱりあのTVのラストは「間違っていた」んだな、視聴者なめんじゃねえ、と。いろいろ、エヴァとはなんだったのか、という本がでてましたけど、「駄作だろ」と一蹴してきました。

で、今回の映画・・・3部作?ふん、どんなんか、見てやろうじゃない。ちゃんと3部で終わらせられるんだろうな、と非常にマイナス視点から観に行きました。
ファンの人、ゴメンナサイ。結局このマイナス視点をひっくり返すようなものは何一つ、見出せなかったんです。
エヴァ信者の方、庵野信者の方、ゴメンナサイ。

以下、理由。でも、とりあえず、最後まで見よう、とは思っているんですが・・・
えーと、まず映像。全くといっていいほど新しい発掘ナシ。当時のをそのまま映像化している訳ではないから、絵がキレイ、とかいうのは基本的には却下したい。ただ、第六使徒(レリエルだっけ?)の変形が非常に美しかった。防御型の正八面体から攻撃に転じるところなんかのグラフィックはとてもいい。もう、使途にはコッチの理屈なんか通じないんだな、という感じがします。また、初号機が零号機を抱き上げて、背中にプログナイフガンガン突き立てて、エントリープラグを排出させるトコなんかは、なんか生身っぽい感じがするので好きなシーンです。・・・っていうか、私はエヴァの中で何が一番好きかというと、ひたすら初号機なんだなあ、と実感しましたよ。調整中の絵もバケモノちっくで大好きだ。肉と機械が半ば融合している感じは非常に好き。これが、続きを観に行ってもいいか、と思わせる最大の理由、というのはどうなのか。
ストーリーは、なんかもう、ひたすらシンジいじめ。・・・こ、こんな話だったっけ??乗りたくない、乗れ、いやだ、いやじゃない、もうやめて、やめさせない、ってくり返し。しかも、エヴァの中で絶叫するシンジの声は、司令室に響き渡ってる。・・・ミサトさん以下全員Sか、Sなのか!?・・・あれれ?・・・TVでお気に入りだった、最初に初号機が手を掲げてシンジを庇うトコ、なくなっちゃってた・・・そのせいか、「前のエヴァがわかる(話を知ってる)ヒトだけついてきてね」的な印象が最後まで払拭できず。アスカ出てくるトコまでやらないんだ・・・第2部までお預けなのね?それでいて腐女子に媚びるようなカヲルくん(オールヌードだよ・・・びーなすの誕生みたくなってた・・・)はいかがなものか。まさか、3部までコレで引っ張るなんてコトはないだろうケド。(予告で6番目のエヴァ、とかいってたから、その前には出てくるだろう・・・)

うわ、まとめてたら不安になってきた。
UC○の缶コーヒーがウザかった・・・スポンサーなのはわかるけど、気になって気になって・・・

テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

映画~邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<これはいただけなかった・・・ | HOME | 衝撃を伝えたい・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。