こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

読書感想文上等! ~「ニッポンの書評」

書評、参考にしますか?

ニッポンの書評 (光文社新書)ニッポンの書評 (光文社新書)
(2011/04/15)
豊崎 由美

商品詳細を見る


雑誌、新聞などでこれみよがしに「本をよみましょうね!!」と言わんばかりのページ。
それが私の「書評」に対するイメージです。
最近の新聞書評なぞは、なんだかビジネス書やら実用書やらがやたら多いような気がして、なかなか読む気になりません。「これを読んでる私は、あれもこれも、総合的に読んでこの本を読んでますよ!(えっへん)」という感じがびしびし。もしくは、この本、好き?紹介する気あるの?みたいなものも。どうせ、「本を読みましょうね!」というんなら、もっといろんなジャンル扱ってくれてもいいのに、と少々不満でした。
そんな中で著者の「正直書評」を以前読んで、「おお、これは読んでもよさそうだぞ!」という本に幾つか出会ったのですが…
「上手すぎる(入れ込みすぎる・好き過ぎる・読ませすぎる)書評は、期待感を上げすぎる」
というマイナス点もたしかにあったのです。
そんな著者の「現在の」書評に対する思いなどが語られている本作。「本が好き!」での連載をまとめたものです。
「書評って、批評とどう違うの?」「ネタばれってどうなの?」みたいな、こういう本読みブログなんか続けている人間には興味深く、尚且つ耳の痛い話がてんこ盛り。いろいろ調べたりもしてるんですが、せっかくだから、豊崎さん、新聞書評欄とかの書評のジャンルの傾向ももっとしっかり調べてくれたらいいのに。
一番、耳が痛いのはAmazonのブックレビュー関連の話。確かに「参考になった」が多い順でベストレビュアーを決めるやり方はどうなのかな、とも思います。これは私はあまり参考にしたことがないのすが、投稿者(またはそのシンパみたいな人)が「参考になった」を複数回クリックすることは可能なんでしょうかね?もしそうなら、「参考にならない」ですよね。姿が見えない評価者の評価で決まるベストレビュアーは、まああてにならないかなー。確かに、ヒドいとしか言いようもないレビューも多いことですし。
著者はそんなネットでのブックレビュアーに対して苦言を呈しています。最もだとも思うのですが…。でもね、自分が面白かった本の事は語りたいの!「ばかやろ!」って思った本も語りたいの!そういうのはダメなんかなー。ま、そういうわけなんで、私のブログは読書感想文(垂れ流し系)で十分だな、と思っちゃったわけです。
ところで、私が、書評を読む上で、ちょっと用心しているのは、「面白いですよ!」とか、「読まなきゃ損ですよ!」みたいな書評。案外、そそられるのですが、ちょっと待て待て!?ほんとにか?それはほんとに、私にも面白い本なのか?でも、なんか面白そう…ハメられた!というパターンも結構あるのです。
でも、既にその本を読み終わっていたりすると、そういう書評を読んでも「ふふ、そうだよねー。すごく納得!」なんて一人にやにやしてみたり。読者なんて勝手なもんです。
書評は、読者を向いている方が面白い。でも、存在は軽んじられている。
もったいないです。
活字離れを嘆くなら、読みたくなる書評を。


今は「オカルト「超」入門」を読んでます。昔からの勉強のおさらいみたいで面白いです。
季節柄、そろそろ、怖い本も増えてきそうです。今年はどうかな?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本物が見たいから ~「謎解き超常現象 Ⅲ」

それでも、いつか、本当に「不思議な事」に会えると思うのです。

謎解き超常現象3謎解き超常現象3
(2012/04/17)
ASIOS

商品詳細を見る


超常現象って、冷静に考えると「あれ?それって、違うんじゃないの?」と何となく疑えるのですが、科学的根拠、と言われると自分ではなかなか調べきらないものです。
で、この本はそういうもにょーっとした感じに決着を付けるのによい本。シリーズも三冊目となりましたが、まだまだ謎も健在でございますなー。
人間は自分の信じたいものを信じると思いますが、そのために、事実を歪めて伝えたり、自分の信じることとは違う説は認めない、聞かなかったことにしてしまうのはよくないことでしょうけど、なかなかそうもうまくはいきませんね。
リンカーンとケネディの偶然の一致は、以前になんかで読んで信じてたので、目からウロコでした。いわれてみりゃ、そりゃそーだわな、としかいいようがなく。
でも、謎はまだまだ!健在です。できれば、「本当になんだかよくわかんない現象」についても、通説、推察なんかで解説してほしいですね。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

猫をオカルトで育てよう ~「猫怪々」

猫好きです。
世の中、「猫派?犬派?」って聞かれますが、どっちも好きなので選べません。だってそれぞれに長所も短所も持ってるでしょう?ただ、不思議なことには猫の方が敏感のように思います。

猫怪々猫怪々
(2011/11/25)
加門 七海

商品詳細を見る

表紙カバーの猫双六がすごくかわいい。
作家、加門七海女史が拾った仔猫。病気持っててヨレヨレで。でも、持ってきたのは病気だけじゃなかった!!
すごく、すごく、猫のののちゃんが愛されて育っているのが解るのですが。
でもやっぱり異界とのお付き合いが切り離せない加門女史。ののちゃんの引き連れてきた(きちゃった?)怪異ともきっちり向き合っていたようです。飼い主の責任とはいえ、大変。単純に「かわいい猫ちゃんと幸せライフ!」とはならないところが女史らしい。
ののちゃんの病気についても、お医者さんに出来ること以外に、オカルティックな対処も多数。
気功にレメディにサプリに呪術に…今、ののちゃんは元気だそうですが、何が効いたのかわからない。(少なくとも、レメディだけはありえないと思う)でも、これだけいろいろなことをやってあげている飼い主さんの気持ちは通じると思いますけどね。
面白かったんですけど…うーん。

「或るろくでなしの死」を読み始めています。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

不思議を楽しもう ~「謎解き 古代文明」

古代のロマンを楽しまなくちゃ、もったいない!

謎解き古代文明謎解き古代文明
(2011/05/06)
ASIOS

商品詳細を見る


だからと言って、胡散臭いもの・胡乱なものをただ「オーパーツだ!」「新発見だ!」とありがたがるのはどうなのかしら?と考えるようになったのは、いつからでしょう。
自分が小・中学校の頃、愛読書は「ムー」で、そこにはこういう言葉が踊っていました。ついでにいうと、「陰謀」だの、「隠された○○」とかも、しょっちゅう読んでいました。内容はたいてい、「すっごい発見なんだけど、今の学会は頭が固くって相手にしてくんない。いや、これは陰謀(どこのだ)で、公にならないのだ!」みたいな感じ。でも、学会とかがなんで相手にしてくれないのか、という理由はおしなべて、「定説が覆されてしまうのがいやだから」ということでしたね。その時は、「新発見なんだから認めてくれりゃいいのに」と単純に思ってました。
友人Uさんが、オーパーツを「おぅ!びっくりしたパーツ」と思っていた、といっていましたが、そりゃあながち間違いじゃない。…いろんなイミで。

この本では、古代文明に関わる遺物について、オカルティックな解釈と、実際の定説はどうか、そしてなんでその解釈がおかしいのか、などが詳しく書かれていて、古代文明に惹かれた記憶のある方には、面白く読めるのではないでしょうか。
出土した(単純に「発見された」だけの場合も)遺物や、遺跡の構築方法など、「現代でもできない」と簡単にいったりしますが、ほんとうにそうなのでしょうか?古代の人たちの素朴さを愚かさと履き違えてはいけません。機械に任せることができない彼らは、根気強い観察や作業で、現代人にはとてもマネできないような遺物を作り上げることが可能でした。その子孫である私たちは、素直にそれを誇ればいいのだと思います。もたらしたのは宇宙人、なんて、そんな卑下しなくったっていいじゃないですか。
また、捏造されたり、曲解が加えられたりしているものもあります。宗教的な理由付けのために利用されたりもしているのです。それが、どんな無茶な理由付けでも「神の名のもとに」正当化されてしまうのは、どーしたものなんでしょーかねー。
面白かったのは、「レイ・ラインは存在するか?」という稿。地図上で、ある遺跡からまっすぐ線をひくと、そのライン上にはあら不思議!いろんな重要遺跡が集中してるじゃないですか!!という、今流行のパワースポットにも通じる説ですが…。結論は、「存在しません」。これ、「地図上」というところに落とし穴があるのですよ。あと、「レイ・ライン」を光の道とか訳しているの、日本だけなんだそうな。これは、発音の落とし穴。この辺の謎解きが面白かったです。

このシリーズを出している、「ASIOS」という団体のいいところは、今の段階で説明がついていないこと、わからないことはきちんと「解らない」としている点です。信じるものは救われますが、こと、こういう世界では、信じ込むとどツボにはまります。自分の説を信じるあまり、他の話に耳を貸さない、というのは、そもそも研究者としてのスタンスが疑われるところです。

まだ紹介されていない文明に関する真相なんかも、まだまだありそうなんで、続編を出してほしいです。


今日は、本屋へ。
またいろいろ買い込んできました。まずは「i Kill」を読み始めましたが、「虚構推理」もちょこっと読みかけ。つまみ食いはほどほどにしないといけませんが…

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

人間味ある神々 ~「中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇」

週末に読んだもう1冊の本。

中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(2011/03/09)
中野 京子

商品詳細を見る


表紙の絵は、ピグマリオンに作られた彫像が人間に変化していくところを描いた、「ピグマリオンとガラテア」。
西洋の絵画は、よく神話や聖書から題材を得ているように思いますが、さて、描かれている神話の中身って、どんなの?
というわけで、さまざまな絵画の題材となった神話を紹介しつつ、その絵の楽しみ方を語っているのが、この本。
ギリシャ神話は数ある神話の中でもメジャーどころなんで、改めて紹介してもらわなくても、ということなかれ。ちゃんと紹介しつつも、そこには中野京子氏独特のぴりっとした解釈や感想がちりばめられていて、面白く読めます。でも、男性陣にはちょっと辛口に思えるかもしれませんけど。
また、どうしても絵画を見るときは平面的にみてしまいがちですが、作者の残した謎かけや、同時進行で進んでいくストーリーや、ちょっと下世話な時代背景、など、じっくりじっくり見れば見るほど面白みが増してくるものなのです。ただ、いかんせん、私などは美術品をそういう風に楽しんだことがないので、中野氏の楽しい案内はとても魅力的です。
また、全く知らなかった作品を知ることが出来るのもこの本のいい所です。

ところで、ジャン・ブロックの「ヒュアキントスの死」などは、BLと称される前、J○NEを愛読していた世代には「お耽美」といわせる独特の色っぽさでびっくり。とゆーか、そのまんま、表紙飾れますよ、という構図でした。


さて、まだ「ハンター・ダーク」を読んでます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。